紫金山 彗星/62Pと獅子の三つ子銀河

2023/12/28 1:16 60秒×20 ISO800 恒星コンポ+彗星核コンポ(Σクリップ&比較明で合算) EOS Kiss X9 FC125 ×0.7(f=700mm F5.6) 紫金山 彗星/62Pと獅子の三つ子銀河が12/28~29に接近。満月と条件は悪いけど撮影。29日のほうが多少いいんだけど予報は曇だったので2…
コメント:0

続きを読むread more

冬期情報

2023/12/17 夜 平地(棚倉)でも初積雪(約1cm) 18日の最低気温-3.5° 積雪3cm(青生野) 昨夜は6°(最高気温は16°)で気温の乱高下が激しく、暖かいから大丈夫なんて思ってると帰る頃には低温であちこち凍結しますよ。油断しないでください。 今年は例年より早い11/12深夜にみぞれまじりの雪が降り。18日夕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曇天のふたご座流星群2023

8年ぶりの最良の条件のふたご座流星群でしたが、鹿角平は雲多めで夜半前に曇ってしまったようです。管理人といえば寝込んでました(^^; つくづく健康って大事だと思いました・・・すぐ忘れちゃうけど。 ちなみに8年前の最良の条件の時も曇天でした。以前のような冬晴れに恵まれなくなってきてます。ちょう季節の変わり目の雨季(山茶花梅雨)が11月中…
コメント:0

続きを読むread more

藤井旭の天文年鑑2024

今年も来年の年鑑が発売される季節になった(もうかよというのが正直なところ)。 毎年かわりばえなく、天文台は見やすくPCでも表示できる星空年鑑。 個人用には藤井さんの名を冠した天文年鑑。口絵に永眠されたことにふれ「気軽に多くの人に親しんでほしい」という藤井 さんの思いを繋いでいくため今後も「藤井 旭の天文年鑑」は続いていくと書いて…
コメント:0

続きを読むread more

静かな月夜(幻の流星群の日)

静かな月夜。アンドロメダγ群は分からなかった。2時半頃に錯覚のような暗い流星が何個か見えた気がする。γ星あたりにフッと感じるだけで経路は不明。 アンドロメダγ群はビエラ彗星の崩壊によって起こった流星群で19世紀の間はよく見られり流星雨になったりしたけど、現在はほとんど見えなくなっている。ところが2013年に突発出現している。今回は…
コメント:0

続きを読むread more

月と木星と冬期始め

11月最後の週末は月と木星が並んでいました。この日は気温は急降下の0°と真冬並の寒さになったけど、ちょとあつい観望会でした(楽しんでもらえたかその後が気になるな~(^^;) 人数が多いので天文台で月と木星見て、テラスにMAK127をだしてスマホで月を撮影したりしました。なお次回の接近は12月22日(今回より離れます)です。…
コメント:0

続きを読むread more

月夜の

2023/11/25 19:37 60秒×17 ISO1600 主鏡35cm ×0.75(1575mm F4.5) OLYMPUS:OM-D E-M5 Mark III 観望会が早めに終わって、こんな時間に25日のポンス・ブルックス彗星(12P/Pons-Brooks)を撮ることができた。 25日の12Pは11月14日の…
コメント:0

続きを読むread more

古スコで月面X

2023/11/20 16:33 1/100 ISO800  OMD:E-M5MarkIII 高橋TS式S型-65mmセミアポ(65mmf1000 F15)直焦点 月面Xが出現した2023.11/20の宵は風音が激しく直前まで時雨模様。 こりゃシーイングも悪いだろうと小口径の方がよく見えるので、古スコ(2~30年前の望遠…
コメント:0

続きを読むread more