肉眼黒点と昭和の太陽フィルター

2024.02/26 11h BORG45ED×2.2 ビクセンサンフィルター 久々に肉眼黒点があらわれています※肉眼で見る場合は日食グラスなど太陽観察用のフィルターを使ってください。 ここ数日天気が悪くて見れず、今日は晴れ間が多い・・・かわりにすごい強風が吹き荒れて太陽の縁がギザギザでした。 このフィルターの色にピンときた人…
コメント:0

続きを読むread more

ヒアデスの中をいく串田彗星/144P

2024/02/12 19:43 ISO3200 F5.6 60秒×12 EOS Kiss X9 Sonnar T* 180mm F/2.8 STARRY NIGHT使用 ※右側のモザイク合成も同じ露出 周期7.6年の串田彗星。前回は悪条件だったので15年ぶり。2009年もヒアデスの中を通り過ぎた。ただ前回はバーストして1…
コメント:0

続きを読むread more

道路状況2024-02-09(日陰の路面は雪多し)

火曜日の積雪は約25cmと春のドカ雪となりました。日陰部はまだ雪が轍状に残っていて夜間は氷のレールみたいになってかなり注意が必要です。日当たりのよい路面はとけましたが路肩には大量の雪が残っていて夜間凍結の箇所があります。新月期の連休ですが夜に星見に来るのはおすすめできない路面状況です。 冬季基本情報
コメント:0

続きを読むread more

羽根田・カンボス彗星発見の地と南相馬博物館

原ノ町の雲雀ケ原の裏手にある南相馬博物館へ向かう。ここには羽根田-カンポス彗星関連の羽根田さんの資料が展示してある(前回は彗星発見の地の後に寄ろうとしたら時間切れとなったので今回はこちらを先に見た・・・まあ一番は相馬で爆盛の店に入って平らげるのに時間も食ってしまったのが主な原因だけどね)。 南相馬博物館は、野馬追の展示がメインかな…
コメント:0

続きを読むread more

仙台天文台まつり2024

久しぶりの天文台研修で仙台天文台へ。イベント日とあって駐車場は満車だった( エントランスでは、仙台天文同好会の方が太陽(投影法)などの観測準備をしていた。とりあえず16時半のトワイライトサロン集合にして各自見学…まあ大体見るとこは同じだけど。 出店ブースもでてて、天ガではマサさんが来てた(^^; 名取天文台の移動プラネタリウ…
コメント:0

続きを読むread more

SLIMが居るあたり

いま日本で一番注目されている神酒の海のクレータ列の真ん中キリルス。たぶん多くの天文ファンが望遠鏡を向けてる小型月着陸実証機SLIM着地地点。小口径じゃシオリクレーターも見れないけどこの辺にSLIMが居る。 なおキリルスの上のテオフィルスクレーターは月面グーとして親しまれている珍地形。 目覚めたばかりの日本の月着陸実証機S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

APEXEL 望遠鏡用スマートフォンアダプター

P130 VIRTUOSO GTi(650mm F5) ×PHOTON8mm スマートフォンアダプターは3軸のものが調整しやすく写りがいいけど1万近い値段と高い。Z軸はないけど2軸調整ができるADがAPEXELから3千円以下で出た。2軸調整もだけど特筆すべき利点はアイピースをワンタッチで挟めること。アイピース交換が容易におこなえる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月面X’2024

2024年1月18日は今年最初で最後の好条件の月面X出現日。薄雲越しでスッキリしませんでしたが見ることはできました。 LOVEはEが出なかった(クレーターの円がきれいに見えすぎた)代わりにSがよく見えてた。見様によってはEにも見えるのでこれを今回のEかな? この日の月は木星とも接近して見えてました。ここまで画像は…
コメント:0

続きを読むread more