"天文台通信"の記事一覧

藤井旭の天文年鑑2024

今年も来年の年鑑が発売される季節になった(もうかよというのが正直なところ)。 毎年かわりばえなく、天文台は見やすくPCでも表示できる星空年鑑。 個人用には藤井さんの名を冠した天文年鑑。口絵に永眠されたことにふれ「気軽に多くの人に親しんでほしい」という藤井 さんの思いを繋いでいくため今後も「藤井 旭の天文年鑑」は続いていくと書いて…
コメント:0

続きを読むread more

月と木星と冬期始め

11月最後の週末は月と木星が並んでいました。この日は気温は急降下の0°と真冬並の寒さになったけど、ちょとあつい観望会でした(楽しんでもらえたかその後が気になるな~(^^;) 人数が多いので天文台で月と木星見て、テラスにMAK127をだしてスマホで月を撮影したりしました。なお次回の接近は12月22日(今回より離れます)です。…
コメント:0

続きを読むread more

古スコで月面X

2023/11/20 16:33 1/100 ISO800  OMD:E-M5MarkIII 高橋TS式S型-65mmセミアポ(65mmf1000 F15)直焦点 月面Xが出現した2023.11/20の宵は風音が激しく直前まで時雨模様。 こりゃシーイングも悪いだろうと小口径の方がよく見えるので、古スコ(2~30年前の望遠…
コメント:0

続きを読むread more

鮫川の紅葉2023

天文台周辺の紅葉も見頃になってきました。写真は江竜田の滝です。 ただ今年の紅葉はパッとしません(^^; 雑木林は色が渋めで裸木が目立ちます。このため今年の紅葉はボリューム感が乏しいです。 モミジ・カエデは色づくはじめ葉があれてる感じですが、まだ青い葉も多く今週末の寒波で鮮やかに一気に色づくかも? 村内の紅葉状…
コメント:0

続きを読むread more

風景写真家の目線

自然写真家鈴木一雄さん主催の写真塾フォト寺子屋「一の会」のみなさんが訪台。星景写真家の北山くんとの違いを観察(笑) 総勢19人・・・一人の講師が受け持てる数としてだいたい10人くらい(俺や北山の場合)で多いなと思ったらアシさんがいて二人体制。やっぱそうなるよね。 星景講座より年配の方が多い。一番の違いは写真塾のメンバーで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十三夜の名月前

栗名月前の十余り二日月の夜。鹿角平天文台はTVクルーとライターさんで大賑わいでした。 すぅ(SILENT SIREN)さんをむかえて、テレビユー福島?の県南地域の広報番組と白河のフリーペーパー「こみっと」さんなどが合同取材(WEB番組らしいので公開されたらお知らせします)。 最初は月を鑑賞のちスマホで撮影(※月の…
コメント:0

続きを読むread more

オリオン座流星群と初冠雪(訪台の際は防寒をしっかり! 厚手の靴下も!)

21日は一気に真冬なみの寒さ! 天文台から見える福島県南の名峰那須岳も初冠雪だったとか(ちなみに磐梯山も見えます)。 この日の観望会時の予想気温が8°で、少年団なので事前に真冬並みの防寒でと念押したけど、厚手の靴下(重ね履き用の靴下)などの室内の足元の防寒を忘れて子どもたち足が冷たいと・・・去年も来たので天文台が土禁なのを特に伝え…
コメント:0

続きを読むread more

中秋の名月

今日は中秋の名月。月の出から1時間位は見えていました。その後雲間でおぼろ名月のち雨。 今年は十五夜の名月と満月が一致しているので見事な月です。 満月は望遠鏡だと眩しいのでシャツに投影。NDフィルター1枚くらい持っておくのをおすすめします(10cm以下の小口径ならND6前後で半月過ぎから使いまわし。満月のみならに使…
コメント:0

続きを読むread more

てんもんブ!

コロナ禍で中止だった天文部の合宿が4年ぶりに入れ違いで訪台していました。 某高校は相変わらず2日間を曇天・晴天を半分ずつ・・両日曇らないだけすごいけど。 4年前よりスマホ使用率(撮影&天文アプリ)あがったな。あれ?今回は望遠鏡だしてないな。前回は一応流星観測(みずがめδ群)してたけど、ゆるカン(ゆるい観望)になったのね。…
コメント:0

続きを読むread more