曇天のふたご座流星群2023

8年ぶりの最良の条件のふたご座流星群でしたが、鹿角平は雲多めで夜半前に曇ってしまったようです。管理人といえば寝込んでました(^^;
つくづく健康って大事だと思いました・・・すぐ忘れちゃうけど。
ちなみに8年前の最良の条件の時も曇天でした。以前のような冬晴れに恵まれなくなってきてます。ちょう季節の変わり目の雨季(山茶花梅雨)が11月中頃から半月~1ヶ月くらい遅くなってる感じで、最近の双子群極大はあまり晴れてない感じです。去年は時雨で南下して見てますから鹿角平は曇。2021年は晴れ(余月)。20年は曇り(月なし)。19年は曇り(ほぼ満月) 18年は小雪(上弦)と、晴れてる方が珍しいという悲しい結果。夏のペルセは曇られる(特にヤマセの年)ことの多い鹿角平だけど、晴天率の高い冬の流星群もあまり晴れないなんて(T_T)

極大夜は雲多めながらちょっと賑わっていたようで、数十人が広場で流れ星を見ていました(ちなみに天文台予約の方は一組だけでした。流星は望遠鏡では見れないというのが浸透してきてるのかも?)。観測データーだと夜半前に曇ってしまったようですね。数は多いけど地味な流星が多いふたご群は薄雲越しに撮れるような流星は少ないせいなのか鹿角平+流星でポストされた方は少なかったようです。ちなみに管理人は陰キャなので#を使いません(^^;




極大は全国的に天気が悪く動画が少なめな印象。
来年のふたご群は、極大が昼間でほぼ満月です(^^;

この記事へのコメント