VENUS Kisses JUPITER  2023.March.1 ・2 ・3(金星と木星の会合2023)

画像

miniBORG71FL×1.08(f432mmF6) +EOS Kiss X9でとらえた金星と木星の会合と比較用に3/3の月。大接近の3/2とその前後。意外と木星も大きく動いてる。金星はすごいな。まあ3日間全部、見事に雲越しで光輪に柱などの気象現象と一緒にとらえられたまさに「天文と気象」(^^; 見れて撮れただけいいか。
※3/2は恒星が雲厚くて写らなかったのでステラナビのシュミレーション画像に貼り合わせの合成です

画像

こちらは、引き伸ばしレンズのEL-NIKKOR 50mm +OM-D E-M5 MarkⅢ 雲越しで光条目立たず。撮影時間がまちまちなので木星で揃えました。

3月1日
画像

2023/03/01 18:25  
5秒 ISO800
miniBORG71FL×1.08(f432mmF6)  EOS Kiss X9

曇りのち雨の予想で本番は明日と思ってたら、雲の隙間が意外とあるので、VIRTUOSO GTiにミニBORGをつけて撮影(北極星は見えないと思い自動経緯台を使った。数秒程度なら問題なく追尾してくれるけどブレもでて、5枚に1~2枚の成功率)

画像

2023/03/01 18:21 
F4 A-1(4秒) ISO800
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 OM-D E-M5 MarkⅢ

雲間から出ても滲んでいて、惑星光輪(ビーナスコロナ&ジュピターコロナ)が非常に美しい。まあ眼視では虹色には見えず滲んでるだけですが。頭上を見るときれいな月暈がかかっていた。

3月2日
画像

2023/03/02 19:33  
4秒 ISO800
FC125 ×1.4(f=1400mm F11.2) EOS Kiss X9

大接近の日だけど予想より天気が回復しない。雪がちらつき強風。主鏡の低倍率で同視野に見えるので天文台まで来たけど麓のほうが晴れ間が多かったらしい(T_T) 短い時間だけどそれでもなんとか見て撮れた。主鏡で見ると雪雲らしいのがわかる。明るい惑星の周りにノイズみたいにザワザワと黒い影の濃淡・・・雪が動いているのがわかり面白い見え方だった。木星は色分解して表面も見えないほど動き回る最悪のシーイング。ガリレオ衛星が見えなかったら木星だとわかららないな(^^; 記念写真なんかも予定してたけど撮れるほど晴れずに終了。

3月3日
画像

2023/03/03 18:23
10秒 ISO800
miniBORG71FL×1.08(f432mmF6)  EOS Kiss X9

今日は晴れの予報だったけど今日も曇り。ただこの3日間では一番晴れ間が多い。M57絞りで絞って光条をだしたりする余裕もあった。

画像

2023/03/03 19:02
30秒 ISO800 BORG-M57絞(35)
miniBORG71FL×1.08(f432mmF6)  EOS Kiss X9

この日はキンピラ(金星柱/ビーナスピラー)と弱くモクピラ(ジュピターピラー)が見える時間帯があった。こうまで雲越しの惑星像ばかりだと普通にスッキリ写っただけでは物足りないかも(笑)

画像

記念写真もとりあえず撮れた。

3月4日
画像

会合が終わり離れだしたらきれいに晴れた・・・・なぜ(^^;

3月5日
画像

連日の好天・・・・ほんとなぜ!?  見事に会合に合わせて悪天候だったね(T_T)





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック