ヒアデス星団とZTF彗星(C/2022 E3)

画像

2023/02/15 19:38
60秒×6 F2.8 ISO1600
A 50-100mm F1.8  EOS Kiss X9 スターリーナイト 

光度差があってどうかなと思ってた火星との接近が写真だと美しい対比を見せてくれたので、アルデバランとZTF彗星の接近も期待したんだけど薄曇り。火星の接近からスッキリ晴れないな

画像

2023/02/16 0:07
120秒×9 ISO1600
miniBORG71FL×0.7(f280mmF3.9)EOS Kiss X5

粘ってみたけど雲越ししか撮れず0時を回ったら全曇で終了。天然ソフトフィルターだと思って、これはこれで良しとしよう(^^;

画像

2023/02/16 21:19
180秒×7 F8 ISO3200
FUJINON-75mmF5.6(引き伸ばしレンズ)+BORG/M42ヘリコイド
EOS Kiss X9

16日はよく晴れたけど春霞の空。まだ2月なんだけどね(春霞なるのが1ヶ月位早い気がするけど、ここ数年は早まる傾向だったしな)。ヒアデス星団とはまだ近く中望遠なら一緒に撮れる。薄明終に天頂付近なのでゆっくり撮影できるので引き伸ばしレンズでも撮影してみた。

画像

画像

2023/02/16 20:34
120秒×6 ISO3200
miniBORG71FL×0.7(f280mmF3.9)EOS Kiss X9

春霞とはいえ晴れてるので露出をかけられる。反転してみるとイオンテールが意外と長い。双眼鏡でアルデバランからまだ簡単に見つけられる。M37に似ていた光芒も半分くらいとかなり小さくなった。たった6日しかたってないのにあっというまに遠ざかるのね。8cm双眼でも光芒。主鏡35cmでは短いけど尾を引く彗星らしい姿。

画像

2023/02/16 20:35
60秒×13 ISO6400
主鏡35cm×0.75(1575mmF4.5) EOS Kiss X9i改


画像

2023/02/17 20:02
120秒×3 F5.6 ISO3200
EL-NIKKOR 50mm  OMD E-M5MarkIII

17~18日あたりが中望遠でヒアデス星団と彗星がバランスよくおさまる位置。これで星野的彗星は終わりかな。標準ならオリオンの三ツ星とかと撮れるけど彗星がもう暗いしね。

画像

引き伸ばしレンズの一等星の光条がほしいので火星とアルデバランは入れたい。欲張って無理やりすばるも一緒にいれたけどかなり窮屈でした。50mm(35mm換算100mm)だと上のヒアデス星団+三星団+火星と彗星がベストな構図でした。(^^; 

画像

2023/02/17 19:31:19
120秒×10 ISO3200
miniBORG71FL×0.7(f280mmF3.9)EOS Kiss X9

双眼鏡で彗星が見つからなくて焦る。5等星がそばにあり重なっていて数回見ないと気が付かなかった。暗くなったのかと思ったよ。

画像

023/02/17 19:32:01
60秒×20 ISO6400
主鏡35cm×0.75(1575mmF4.5) EOS Kiss X9i改

望遠鏡を使った撮影ではまだまだ明るく大きなZTF彗星。とはいえ週末は月齢5で月没時の高度は10。23日(祝)あたりが月没時高度40なので最後かな?



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック