月下のZTF彗星

画像

P130 VIRTUOSO GTi ×SVBONY 23mm×28 コリメート写角2° Pixel4a 天体モード

夜半すぎに晴れてきた。もうちょい早く晴れればいいのに(^^;
ほぼ満月の月明かりが強烈。5センチ双眼鏡だと位置を把握しておかないと見逃す淡さ。
こんなとき自動導入経緯台は楽だな。基準星をカペラにすれば適当なアライメントでも入るから楽 ※SkyScanの古いバージョンにはコメットの項目がなく導入できないので注意/span>

画像

2023/02/05 2:20
15秒 F2.8 ISO1600
A 50-100mm F1.8  EOS Kiss-X9 

8cm双眼で光芒。13cm反射でも核の見える光芒であまり変わらず。5cm双眼だと、彗星状天体を見たことない人はまず見逃す淡さ。今日(2/5)はカペラの近く(7°視野内)だからじっくりみればわかるはず。このあと11日に火星に接近するので、今週はカペラと火星を入れて撮れば撮影は見るのよりは楽勝。見るのはカペラから火星に向かって視野を動かせば見つかるはず。

画像

2023/02/05 2:09
F4 15秒×10 ISO3200
Sonnar T* 180mm F/2.8 EOS Kiss-X9 

月明かりも明るく露出も伸ばせないし、GTiをだしたので雲台に付け替えて、オールドに短秒露出で経緯台追尾。望遠でもいけるけど、15×10(2分半)だと視野回転がはじまりだしてるのでこのくらいか? ついでに15秒でもカブって画面が白いから、露出のばしてもこのくらいかね?

画像

ZTF彗星が地球に接近(ほしぞら情報 2023年1月)

この記事へのコメント