村の美景写真ワークショップ2022 鹿角平天文台編(2022/10/21)

画像

村の美景写真ワークショップ2022の2回目は鹿角平天文台編(1回目は村内のホタル星景)。うまくいけば流星も写るかもとオリオン座流星群極大日にあわせた日程。

画像

なんと今回の受講生は全員女性。北山先生の人徳でしょうか? それとも女性は星景を撮りに行きにくいので講習会なら安心というのもあるのかも? それにしても機材がもう初心者向けじゃない(^^;

画像

最初のテーマは天文台と天の川。いて座方向はもうかなり低いので厳しかったかも? 仁王立ちしてるのが北山先生。昼間に講習は受けてますが、夜間の操作となると勝手が違うので戸惑うことも多いかと思いますが、撮影現場で指導してもらえます。わからないことをその場で答えてもらえるのは心強いです。

画像

ベタぐもり状態の時間帯もありましたが、休息や薄雲を通して天文台で木星を見たりしました(撮影中は、ドームや望遠鏡の追尾をOFFにしてドーム照明も露出値に合わせているので撮影休止中しか望遠鏡がのぞけません)。

画像

後半のテーマは昇るオリオン座。昇る赤い三角(火星・アルデバラン・ベテルギウス)。前半より雲多めですがなんとか写せたかと思います。雲があって雰囲気が出るのが星景写真のいいところ。流星の方は全員見ることができたようですが写せた人はいるかな・・・。

画像

前日は快晴でこんな星空でした(^^;
次回は11/25(金)。火星が-1.8等で輝く冬の星空です。すでに満席で予約は終了してます。また星見広場は貸し切りとなるので受講生以外の立ち入りはできません。

画像

PS: ちなみにこの日の火星とカニ星雲。雲越しの画像もコンポして天然ソフト。

この記事へのコメント