防虫ウェア

画像

夏の天体観測に虫除けは必須ということでワークマンで防虫ウェアを買ってみた。メッシュジャケットにしたのは、重ね着の汎用性が一番高かそうだから。メッシュで通気性がいいとはいえ着ると少し暑い。通気性はあるけどかなり蒸れる。風が少しある夜間は蒸れが冷やされる。気温次第だけど長袖との組み合わせが無難かな。なんとなく網戸を着てるかんじ(^^;
星見は立ったりしゃがんだりするので、腰や背中がでないようにワンサイズ大きめがよさそう。着てるだけでこなくなるといいけど、そんなことはなく指とか刺された(笑) 虫除けスプレーと併用がやはり必要

画像

たたむとコンパクトになるのでカメラバックにも入れとけるな。一番不快な耳周りを覆えるフードがついてのがいい(この部分に収納できる)。
ついでにズボンも購入。ズボンの方は夏の観望会にはくのに丁度いい薄手のイージーパンツで、露出してないから虫除けスプレーをつけ忘れる足元には丁度いい。綿30%で、化繊100%のメッシュジャケットより不快感は少ない。サイドポケットが笑っちゃうほど大きく双眼鏡が入るほど(いれないけど)でシルエットはかなり微妙(^^; 股上が浅めななのと重ね履き(防寒で短パンに上に履くとか)とかも考慮してワンサイズ上の3Lを購入。意外と山で歩きやすくて気に入ったので2Lを追加購入(動かない観望会なら、ベルト&サイドも絞って履けばサイズが大きくても気にならないけど、山歩きだと緩るいのでウエストから落ちやすくなるので腹が出やすくなる。後で知ったけど同じ値段の防虫クライミングパンツの方が山歩きにはよかったかも)。

画像

天文台の室内の電灯下は、この時期は虫だらけなのでジャケットをおいて放置してみた。何匹かはジャケットをはっているがかなり少ない(カーペットと反射率が違うので色による効果かもしれない)。日中のフィールドでアブとか近くまで来るけどたかることはなかったし、湿原を2箇所くらい歩いたけど刺されなかったから効果はたぶんそれなりにあると思う・・・虫よけつけてるので効果はよくはわからないけど、併用で防虫の安心感は高くなる。特に夏場の自宅観望だと、さしてくださいよといわわんばかりのラフな格好になるのでちょっと上に着るだけで虫が寄りにくいのはありがたい。

※ぴんぼけ日記の「防虫メッシュジャケット&パンツ」から星見で使用部分だけを再編収録。山での使用感は元記事で。

[フォックスファイヤー] 【防虫】【スコーロン】 SCトラバース パンツ 【吸汗速乾】【UVカット】 5214846 メンズ ダークカーキ 日本 L (日本サイズL相当)
[フォックスファイヤー] 【防虫】【スコーロン】 SCトラバース パンツ 【吸汗速乾】【UVカット】 5214846 メンズ ダークカーキ 日本 L (日本サイズL相当)

登山用の防虫パンツもあるけど高いのよね。ワークマンは半分以下の値段。防虫は三菱商事(株)が開発した「DIAGUARD®」を採用。防虫加工だけでなく抗菌・防臭性もあるらしい。防虫加工はたしか除虫菊成分を練り込んだものだったっけかな?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック