スーパーマーズ(笑)とスーパーサターン(大嘘)

画像

2日続けて快晴の一昨日の天の川とスーパーマーズ(笑)の輝き。
-2等は6日頃までだけど、突然暗くなることはなく
9月までマイナス等級で輝きます。
望遠鏡では視直径15を切る7月までは見頃。

画像

突然のスーパーマーズ(^^;
星空に注目が集まるのはいいんだけど
かなりTVニュースの説明がグタグタだったようで、
この時期しか見えないとか、
月のように大きく見えると思ってる人が結構いたようで
中接近をスーパーと呼んじゃうと
大接近はどうするんだ? 
グレート(アプローチ)マーズか?
スーパームーンの時は定義付け
(NASAが提唱。その後拡大解釈でややグダグダ)
があって定着したけど今回のは(^^;

画像

土星も衝(6/3)だからスーパーサターン(大嘘)。
衝の土星は肉眼ではわからないけど、
望遠鏡で見るとスーパーな輝きが見られる(ホント)

画像

衝の時期の土星は本体より環が明るく見えます。
土星の環の衝効果(ハイリゲンシャイン効果)と言われています。
環を構成している粒子の反射光が
他の粒子に邪魔されない為に起きると考えられています。

画像

ハイリゲンシャイン効果は月や他の天体でもおこります。
地上でも太陽を背にして露のある草原や水面などを見るとき、
見る人など影の輪郭が明るく輝いて見える現象です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック