首都圏は暗くなったのか? 天の川のアーチ。

画像

2011/04/13 2h EOS Kiss X3 10mm F2.8 25s ISO3200

東京が暗いらしいので、ちょっと期待したけどほとんど同じ(^^;
光害は過剰または不要な光による公害のことで、鹿角平での首都圏からの光害はあまり減ってない感じ。
写真の右隅(林の端)が首都圏でほとんど変わらず、ドーム右側は北茨城市方面でかなり暗い。ドームの向こうはいわき市でほとんど変わらない。左隅(東屋)が双葉(原発)方面で真っ暗だ・・・。

ただ中空まで届いていた首都圏の光害がわずかだが減っているようで、へびつかい座あたりの天の川がいつもより見えていた。


「暗さ」「陰影」歓迎するムードへ 東京の夜は明るすぎた。

鹿角平へ向かう道に街灯はほとんどない。でも車のライトがあるので不便も感じない。歩く人が困るでしょと言われるかもしれないけど、深夜に徘徊してるのは俺みたいなろくでもヤツだけなので、そんな人のために必要以上の街灯はイランよ(^^; 
今の日本は明るければすべてOKみたいで光の使い方が下品で下手くそ。元をたどれば灯火管制の反動らしいけど、戦後から何年たってるんだろうか? ライトアップなんかも醜い影が浮き上がったりとライテングを学ぶべきだと思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック